ノロウイルスを防ぐためには

冬が近づき、寒くなってきました。
近頃ニュースではエボラ出血熱やデング熱などウイルス性の疾患に関するものが多いですね。
今後どうなるか心配ですが、冬になるにつれ心配なウイルスといえば「ノロウイルス」です。
ノロウイルスのことをニュースで聞かない日はないというくらい増えますよね。
食中毒といえば大腸菌などを思い浮かべる方が多いと思いますが、日本の食中毒の中で一番発生事件数、患者数ともに多いのがノロウイルスなんです。

回りでノロウイルスになっちゃった、って人がいるって方、多いんじゃないでしょうか?私も友達がノロウイルスにかかって上から下から数日間大変だったそうです。
とても怖いですよねじゃあノロウイルスにかからないためにはどうしたらいいんでしょうか?ノロウイルスの原因となるルートでよく聞くのは「牡蠣」ですよね。
確かに牡蠣の生での飲食はノロウイルスの原因食とされています。
でもノロウイルスの原因となる一番は「ヒト」なんです。

ノロウイルスに感染した人の体内でウイルスが増加し、おう吐物や下痢から膨大なウイルスが排出されます。
その数、糞便1gあたり10万~1億個との報告もあるほどです。
そんな多数のウイルスがなんらかの原因で人の手につき、その手で調理をし、その料理を通して感染、なんてことが一番多いケースだったりします。
身近な人がノロウイルスにかかっていなくても、外出先でたまたま入ったトイレでノロウイルスを手につけちゃった、なんてこともありますよ。
ウイルスは目に見えないものです。
どこに潜んでいるかわかりません。
これらから分かるようにノロウイルスを防ぐために一番大事なのは手洗いです。
洗いすぎじゃない?ってくらいに洗うのがベスト。
ちなみに、よく置いてあるアルコールスプレー。

あれは細菌に効き目はありますがウイルスには効き目はありません。
ノロウイルスに一番よく効くのは次亜塩素酸です。
よく塩素系漂白剤などの成分となっています。
最近はノロウイルスに聞くとされる様々なノロウイルス用除菌スプレーなんてのもあるみたいですよ。
そんな市販品も試してみるのもいいかもしれないですね。